自分人生の時間とお金は限られている。

資格や検定試験に挑戦する人というのは、基本的に勤勉な性格の人が多くそれは素晴らしい事だと思います。

他方で勤勉な性格であるが故に資格取得を目指す人の多くは完璧主義者である事も多いです。

完璧主義者というのは、良い面ももちろんあるのですが、悪い面もたくさんあります。

その悪い面を自分で意識する事ができれば、勤勉な自分の良い側面を最大限に発揮する事ができるので、一度このサイトを読んで自分の事を振り返ってみてください。

完璧主義者というのは、何でも自分でやってしまおうとする傾向があります。

資格の合格を目指す勉強をするにしても、独学で何とかしようとする人が多いです。

確かに、比較的難易度が低く簡単で、時間もそれなりにかからないような資格や検定であれば独学でやった方が時間もお金も節約できる事もあります。

しかし、難関資格といわれているものやそうでなくても資格の種類によっては、スクールや専門学校に通った方が時間を大きく節約する事ができる場合があります。

学校やスクールを利用する場合、どうしてもお金がかかってしまいますが、その分時間を節約する事ができます。

ここで大事な事は、「人間の時間は有限である」という事をきちんと認識する事です。

その限られた時間をどこに使うかで人生は決まります。

そして過ぎた時間は二度と戻ってくる事はありません。

例えば、100万円をスクールに支払ったとして1年間の時間を節約できたとします。

するとその1年を別の事に使える事になります。取得した資格を最大限に使って仕事をしてお金を稼ぐこともできます。

投資した100万円をさっさと回収することもできるでしょう。

仮に突っ込んだ100万円をその資格で回収できなかったとしても、もしかしたら宝くじが当たるかもしれません。

そのような偶然が起きなくても、新しくチャレンジした仕事で儲かるかもしれません。

何が言いたいかといと、お金というのは、後にいくらでも自分の努力で取り返す事ができる可能性が有るという事です。

しかし、時間というのは絶対に取り返す事ができません。

このような考えを常にもって、時間を節約して効果的に資格や検定を厳選して、自分に必要なものだけを取得していくという事が必要です。